2010年05月14日

中曽根氏が自著で小沢氏を評価 小泉氏は「期待外れ」(産経新聞)

 「節度を重んじ、重大な出るべき時に推進力になったら、戦後政治に名を残す政治家の一人になるだろう」

 中曽根康弘元首相は、今週発売の自著「保守の遺言」(角川書店)で、民主党の小沢一郎幹事長を評価した。政治姿勢にも言及し、「古い政治家の仲間、金権体質、バラマキ政治家だと見られたりしているが、少々違う」との見方を示した。

 民主党に対しては、「鳩山由紀夫首相、小沢氏、菅直人副総理・財務相の協力関係が崩れたとき、政権が自民党に移るという危惧(きぐ)を絶えずもった方がいい」と忠告。自民党には「与党時代に身につけたぜい肉を落とし、筋肉を鍛え直す時期だ」と指摘した。

 一方、書名にある「保守」については「不易と流行」と説明。小泉純一郎元首相の政治手法を引き合いに出し、「流行ばかりで不易がない。期待外れであった」と切り捨てた。

【関連記事】
すでにスピーチは政治家級?中畑氏、出馬会見で絶好調アピール
鳩山退陣の次は「衆参ダブル選」か 小沢氏“大奇策”シナリオ
中曽根元首相、核密約認める 「米とあうんの呼吸」
「雨が降っても風が吹いても」 中曽根元首相、新憲法制定に意欲
母性愛は友愛より強し 元首相・中曽根康弘
少子化を止めろ!

ニセの障害者手帳で高速料金を不正割引(読売新聞)
<普天間移設>平野官房長官、徳之島町議と意見交換へ(毎日新聞)
失業者への個別支援検討=NPO活用−政府(時事通信)
産廃業者が資産隠し8400万円、2人を逮捕 大阪地検(産経新聞)
故鳩山一郎氏の墓に黄色い塗料=首相の祖父、谷中霊園−東京(時事通信)
posted by セリザワ マサヒロ at 16:47| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。