2010年06月10日

米大統領と電話会談へ=菅新首相(時事通信)

 菅直人新首相は5日夜にも、首相指名後初めてオバマ米大統領と電話会談する。関係者が明らかにした。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、鳩山内閣が米政府と交わした共同声明について、「菅内閣」として履行することを伝えるとみられる。
 菅氏は4日の記者会見で、普天間飛行場の同県名護市辺野古移設を明記した共同声明について「政府と政府、国と国との合意だ。しっかり踏まえていく」と尊重する考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相が退陣〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
〔特集〕Changeの行方 オバマ政権

玄葉氏、政調会長兼閣僚…蓮舫氏は行政刷新相(読売新聞)
バイオリン練習に腹立て9歳長女に暴行 母親を容疑で逮捕(産経新聞)
「人違い」主張の被告に実刑=「反省うかがえない」―東京地裁(時事通信)
赤いバイクでひったくり、住吉会系組員を逮捕 「簡単に金入るので」(産経新聞)
所信表明まで3日、「準備不足心配」の声も(読売新聞)
posted by セリザワ マサヒロ at 22:13| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

「抜け穴」調査中、洞穴崩落し生き埋め(読売新聞)

 29日午後3時頃、富山県小矢部市法楽寺の洞穴で、測量調査をしていた富山市五福、同県埋蔵文化財センター職員宮田進一さん(59)が、崩れてきた土砂で生き埋めになり、約1時間後に助け出されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

 小矢部署の発表によると、宮田さんは午前中から近くの住民数人と一緒に洞穴に入り、内部を調べていた。午後からは知人男性(65)と2人で内部の測量を行っていたが、外に出ようとしたところで入り口上部の土砂が高さ約3メートル、幅約4メートルにわたって崩れた。知人男性は既に外に出ていて無事だった。

 現場は、小矢部市の中心部から北に約2・5キロの山あいにある。住民によると、洞穴は入り口がふさがった状態だったが、抜け穴があるとの言い伝えを調べるため、近隣住民らが入り口部分の土砂を取り除き、4月から洞穴内部の調査を行っていた。

<訃報>アンドレイ・ボズネセンスキーさん77歳=露の詩人(毎日新聞)
【首相辞任】「小沢氏が引導」「母からの大金が…」「あの親指は?最後っぺ?」 識者も唖然(産経新聞)
相乗り3衛星、電波確認できず=大学が開発、H2Aで打ち上げ(時事通信)
<強盗>パチンコ店に男3人 1740万円奪う…千葉・松戸(毎日新聞)
障がい者制度会議、福島氏罷免で平野官房長官が担当(医療介護CBニュース)
posted by セリザワ マサヒロ at 15:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。